太陽のパワー
太陽光発電を始める |  自作方法 |  維持について |  エアコン |  電気の買取 |  お問い合わせ

>>> 自作方法

太陽光発電は自作の工法で!?

太陽光発電の太陽電池パネルは、和瓦・平瓦・折瓦・スレートなど、ほとんどの屋根に設置できます。
しかし、屋根が老朽化しているためにモジュールの重さに耐えられないケースもあり、そのような場合は補強や葺き替えが必要です。
場合によっては設置できないケースもあり、その意味でも事前調査時のチェックが重要になります。
屋根は住宅にとって、重要なパーツです。
設置後の事故につながることのないように、施行方法なども確認することが大切です。
従来の工法では、モジュールの設置強度が優先され、屋根本来の雨を防ぐという役目が軽視されて、屋根に穴をあける工法が主流となっていました。
最近では、屋根の専門メーカーが屋根へのダメージを軽減させるPVグリップ工法やキャッチ工法など、穴をあけない自作の工法を開発して注目されています。
基本的には、どちらの工法も金具で屋根をつかみ、その金具にモジュールを固定するというものです。
従来の工法では約200個の穴をあけていたところを、穴をあけずにできるようになりました。

太陽光発電の自作とは

現在エコ活動の一環として、太陽光発電システムを設置する家庭が増えています。
しかし設置場所や導入費用などの悩みから、設置すること自体を諦めてしまう人も少なくありません。
ですがそういった人向けに是非活用していただきたいのが、自作の太陽光発電システムです。
自作と聞くとなんだか難しそうなイメージを持つ人も少なくありませんが、最近ではそういった導入を躊躇する人向けに、小さめで安価なシステムが市販されています。
発電効率はそれほど良くありませんが、システムが設置できないような小さなスペースであっても設置できるため、有効に活用することができます。
また基本的には設置するための条件がないのも魅力です。
ただし通常の発電システムのように導入時に補助金を受け取ることができなかったり、別途蓄電池などを購入しなければ電気をためておくことができないといった欠点もあります。
上記の利点と欠点をしっかりと確認し、自作の太陽光発電システムを設置することが重要です。

注目サイト

Last update:2016/12/27

Copyright(C) 2015 太陽のパワー All rights reserved.